2009年9月29日火曜日

近況

 

下町写真展@はるひ(神戸) 出品しました。
スクウェア展@桑の木ギャラリー(明石) 出品してます。
チャンスパーク@扇町公園(大阪) 無事終了しました。
ザ・チョイス(安斎肇選) 出せませんでした。
個展@ギャラリースプーン(大阪) 決まりました(4/12〜)。
イラ通コンペ(東京) 出しました。
ハンドボール 再び始めました。
髪の毛 久々切りました。

とまあこんな感じです。
来月入ってからは、HBファイルコンペ、TIS公募等のコンペに出します。
個展もしたいです。

2009年9月15日火曜日

ブリちゃん



ブリちゃんといえば、世界のアイドル、ブリトニー・スピアーズですよね。
一時期は自分で髪の毛を剃り上げたり、何かの更生施設に入ったりと私生活がやたらにぎやかでしたが、去年久しぶりにアルバムを出して売れたみたいだし、最近はマドンナのライブに出演したりして復活って感じがします。

で、僕の周辺で最近よく目にするブリちゃんといえばかなり嫌われてるやつです。
ほんと恐ろしいくらい目にします。
自分の部屋で2、3度ほど見逃してやったんですが、バイトから帰ってくるたびにアパートの廊下のあちこちでひっくり返ってるのでかなり怖くなってきました。
確かに僕の部屋は汚いけど、まさか全部が僕の部屋から出現してるとは考えにくいので、アパートのどっかから出て来てるんでしょうね。
もしかしたら前に見逃したやつも外から入って来たやつかも、と考えるとそこまで自分の部屋が汚くないような気がしてちょっと安心しました。

そんなこんなで最近はばたばたしてる訳ですが、来月の東京出張計画のために昨日大手出版社や装幀家の事務所に電話をしました。
ところがファイルを送るように言われるばかりで、直接会ってくれるところは結局1件だけ、しかも12月という事になりました・・・。
う〜ん、今の自分の状況は「飛んで火にいる夏の虫」ならぬ「歩いて出てくる秋のアレ」って感じでしょうか。

かなり強引なまとめでした・・・。

グループ展しま〜す



10月下旬からグループ展をします。
メンバーは、僕が今通っている絵話塾の人達が大半でだいたいで総勢19名(予定)です。
おもしろい人たちばっかりなので作品も楽しみです。

-------------------------------------------------------------------
  19人のイラスト展
「発画寸前、秋やのに

期間:10/21(水)〜 11/1(日) ※ 26(月)休み
時間:11:00〜18:00 ※ 最終日は16:00まで
   神戸市中央区北長狭通5−8−4
電話:078-371-1371
--------------------------------------------------------------------

2009年9月9日水曜日

インド音楽のイベント

 

実はここ数ヶ月間、インド音楽のコンサート用チラシを作ってました。
5月から2ヶ月ごとに三宮のC.A.P.の施設でイベントが行われてたので、それに合わせて作ってました。
今月19日はインド音楽とお坊さんのお経のコラボ、11月21日はインド音楽とホーミーのコラボです。
興味ある方はぜひどうぞ。
バーンスリーを奏でるHIROS氏は僕の叔父さんです。
ファミリービジネスやと言ってました(笑)

 

9月の活動予定

21日〜23日   下町小町写真展/ 神戸・はるひ
22日       チャンスパーク '09/ 大阪・扇町公園
27日〜10月3日 スクウェア展/ 明石・アトリエ桑の木

こんな感じになってます。
個展以外のこういった活動はあんまり経験がないのですが、どれも色んな人が集まるようなのでなかなか楽しみです。
といいながらも作品どころか準備すら全くできてません。
これに平行して25日締め切りのザ・チョイスのための作品もつくらんとあかんし、はっきり言ってやばいです。

さらに来月は大きな公募展が何個かあるし、グループ展も始まります。
何より東京に営業活動しに行かなくてはなりません。
えっ〜・・・、う〜ん・・・、とにかく焦らず地道に頑張るしかないです。

2009年9月8日火曜日

作品追加しました〜

前回の「過ぎゆく日々、たゆたう心」展と、先日終わったばかりの「雨情」展の作品を一部アップしました。
やっと見てもらえる作品が増えてひと安心です。
右のポートフォリオに映る画像をクリックするか、HPに行ってもらえると見てもらえます。

2009年9月3日木曜日

雨が上がったって事にしときます

個展が終了しました。
来てくださった方々本当にありがとうございました。

今回の展示は雨をテーマに作品をそろえたのですが、作品点数が少なめだった事や絵が額となじんで無かった事など準備不足な点があったので、見てもらうには物足りない状態だったかもしれません・・・。
前回からの反省をいかせなかったところもあったので、次の展示では直さあかんなと思います。
作品に関しては、天気予報の絵が気に入ってくれた方が多かったようで、今後の参考になりました。

タイトルの「雨情(うじょう)」という言葉は自分で考えたものですが、最初はちゃんとした意味を考えずに響きと雰囲気でつけました。
雨をテーマにするという事は決めていたので、「雨景」とか「雨ふる季節」とか色々考えてたところ、「風情」という言葉が頭に浮かんだのでちょっとそれをいじりました。
で今あらためて考え直してみると、「雨情」とは雨の情景という意味はもちろん、雨の日に感じる「なんか寂しい感じ」とか、「憂鬱感」というか「孤独感」というかそんな感覚を表す言葉のような気がします。
簡単に言えば、ワイエスがアメリカの雪景色を通して描いた孤独やたくましさを、日本の雨の風景を通して描きたかったんですね。
ただ、それにしては構図や表現方法に弱さがまだまだあると思います。
その辺りが根本的な課題なんかもしれません。