2010年5月30日日曜日

月面ウフフ


月面サーカスに合わせて行われたBLUES DOGによるライブ

先週は絵話塾イラストコース同期生朝野恵子さんの「月面サーカス」展と、先輩のキタムラハルコさんの「海のウフフ」展に行きました。
残念ながらこの記事を書いてる時点ではどちらも終わってしまっているという、何とも申し訳ない状況なんですが(すんません・・・)。

朝野さんは神戸・元町のギャラリーコロールにてやってました。
彼女の絵は一目でそれだとわかるほどで、特に描く線自体に感情が漂ってるように思います。
自分の描く線にはそういう感情みたいなものはないので、そういうオリジナルなものを持っている事がとてもうらやましいです。
あせたようなレトロな色使いも僕の好きなテイストでした。
それにしても月面サーカスってどういう意味なんでしょうか、ありそうでなかった言葉の組み合わせ。
皿はよく回りそうだし空中ブランコも成功しやすそうだし、響きだけだととても楽しそうな雰囲気なんですが、色使いやモチーフなどからはどっか夢の中のような、昔の記憶をたどっているようなそんな儚さを感じました。

キタムラさんは大阪・中崎町のカヌトンにて。
中崎町は全く行った事のない場所だったので迷いまくりましたが、なんとか探し当てる事ができました。
海のウフフというタイトル通り、夏を先取りした作品が満載で、若干蒸し暑かった当日にぴったりでした。
キタムラさんの作品の、体の一部をフォーカスする寄りの構図や、上空から眺めたような引きの構図など、僕とは違う視点がとても新鮮でした。
出てくるキャラクターもみんな幸せそうで、とても癒されました。

中崎町・カヌトン

芦屋サマーカーニバルポスター



1月〜2月にかけて参加していたグループ展がきっかけで話を頂いていた、第32回芦屋サマーカーニバルのポスターに使用するイラストの仕事でしたが、先日そのポスターが無事に完成したと知って画像データを頂きました。
そもそもその話をまわしてくれたのはグループ展参加者の一人であったほっぺふき子さんでして、僕より何ぼも年下にもかかわらず世の中の事をかなり分かっている女の子です(雰囲気からすると女の子というより女性って感じなんですが・・・)。
イラストの本格的な仕事としてはほぼ初めてであったのに加えて、ほっぺふき子の顔に泥を塗る訳にはいかないという気持ちで頑張って描きました。
芦屋サマーカーニバルは、メインイベントである花火の他に大道芸やバンド演奏などが行われると聞いていたので、出演者と観客の動きのあるシーンをカラフルに仕上げてみました。
何度もやり直しがあってかなり苦労しましたが、結局イラストの仕事はこういう感じで行われるんやろうなと、とてもええ勉強になりましたね。
今年の夏は芦屋に行こうかな。

2010年5月17日月曜日

東京へ行きました


先週末、2010年になってから初めて東京に行って来ました。
今回の目的はデザインフェスタ出展、イラ通コンペの授賞パーティー潜入、大学時代の友達に会いに行く事でした。
本当は出版社なりデザイン会社なりへの営業で東京に行きたかったんですが、なかなかそういう機会を持ってもらえないのが現実なので、デザフェスを口実にしてとりあえず東京に行こうと、行ったら何かあるかも知れんって事で。
で、なんやかんや色々疲れはしましたけど楽しかったですね。

デザフェスは期待していた内容とは少し違っていましたが、2日間であれだけの人に作品を見てもらえる機会は恐らくないんじゃないかと思いましたし、アートと名のつくものに興味を持っている人達から自分の作品への反応が直に得られたという点では、行って良かったと思いました。
中でも一番の発見は、ポストカードを買ってくれたお客さんの9割が20代女性で、どこか似たような雰囲気だった事です。
何ていうんでしょう、目に優しいっていうか、自然体っていうか、無印良品愛用してそうな感じっていうか・・・、まあよう分かりませんけど(笑)
自分の作品がそういうところに、むしろそういうところにしかハマらないとは・・・、むっちゃビックリしました(しかもカワイイと言われるとは)。
だから何やという訳ではないんですが、逆に考えるとお客さんの考え方や生き方がチラチラと伺えて興味深かったです。
とにかく、会場で作品を見てくださった方々、ポストカードを購入してくださった方々、本当にありがとうございました。
中には「東京で個展とかされないんですか?」と声をかけて下さった方もいたので、お金を貯めて来年は東京でやります。
そして素敵な作家さん達とも色々話できました(前から気になっていたwassaさんにも会えました)。
またどこかで会える日が楽しみです。

イラ通コンペの授賞パーティーには15日のデザフェスを途中で抜けて行って来ました。
僕はこのコンペで一次選考どまりだったのですが、いざわ直子さんが入選されていたので図々しくお邪魔しに行ったわけです(いざわさんにも言ってなかったのでかなり驚いてはりましたが)。
行った頃にはすでに式は終わっていて、それぞれが飲み食いしながら立ち話をされてる状況だったので最初は若干居づらい雰囲気だったものの、周りの様子を伺いながらヒラノトシユキさんに思いきって話しかけ、少ししてから今回の審査員だった網中いづるさんにファイルを見てもらい貴重なお言葉頂きました。
木内達朗さんにも・・・と思っていると場所を移して2次会に、との流れになったので、またまた図々しくお邪魔して(40分くらいでしたけど)正一さんとも少し話をしてその場を後にしました。
気さくで話しやすい人達ばかりでした。


どうでも良い話なんですが、最近つくづく、奇妙な世界に自分が巻き込まれているような感じがします。
自分の周りがぐわーっと渦巻いているような感覚っていうんでしょうか、自分が立ってるだけで環境がぐにゅーってなってランダムに変化するっていうか。
それは主に人間関係、要するに「縁」にまつわる話なんですが、こんな事って起こってええんやろうかというくらい不思議な出来事がちらほら起こります(今回の東京でも強烈なのがありました)。
そういう出来事が自分にとって良いものなのか良くないものなのか、全くどうでもいいものなのかは全然分かりませんが、1年前まで全く感じる事のなかったこの奇妙な感じを最近やたらと感じるので、こうなった原因をふと考えてみると、結局自分からあれこれ動き出した結果なのかなあと思ってます。

まだまだ先の見えない道を進んでいる自分にとっては、とにかく色んな環境に身を置いて、色んな人に出会って、言葉や姿勢から刺激をもらう事がとても大事なんだと思います。
あの人に会いたい!と思っていれば意外と会えるもんだし、こうなりたい!と思ってれば少しずつでもそれに近づいていけるもんだと信じてます。

2010年5月9日日曜日

今後の主な活動予定


5/8
  新開地音楽祭vol.10 出展 / 湊川公園(神戸市)

5/13~6/20
 シャッター壁画 原画とその作者紹介展 出展 / 逍雲堂美術館(山口県宇部市)

5/15~5/16
 デザインフェスタvol.31 出展 / 東京ビッグサイト(東京)

5/25~6/6
 いろんないきもの展 出展 / ギャラリーCASSIOPEIA(大阪府吹田)

5/29
 まほうの蔵 出展 / C'EST VOUSさんの蔵&SKYビル4F(鳥取県米子市)

6/7~7/3
 駒井和彬イラスト展 / みみみ堂(神戸市)

詳細はまた後日掲載致します。

アレ+コレ=ソレ



今日は頂いた仕事がとりあえず片付いたので、朝から晩まで色んな展示を見て回りました。
まずは地元明石でのピカソ展。
ピカソは特に好きじゃないんですが、チラシの裏面に載ってたポップな作品に引かれたので行く事にしました。
ピカソと言えば、「青の時代」や「キュビズム」など、20歳〜40歳くらいの時の作品が一般的に有名かなと思うんですが、今回の展示では1940年代とか50年代(ピカソが60歳〜70歳)の版画作品がメインで、知らない作品ばかりで見ていて楽しかったです。
僕の大好きなデイビッド・ホックニーは、作品中にピカソを描くほどかなり尊敬していたようですが、ホックニーの作品に影響を与えているだろう作品もちょこちょこあって、モノづくりって良くも悪くもやっぱりそういうもんなんやなあと改めて思いました。
っていうか、ピカソの影響を受けた作家はやっぱり多いんですね(まあ本当のところはわからないですけど)。
個人的にはカラフルでポップな作品がかなり気に入りました。
描いてる楽しさが伝わってくる作品って良いです。

で、昼からは大阪・心斎橋へ。
dig友のCHIAKIが御堂筋アートグランプリの一環で行われるライブペイントに参加していると言ってたので様子見に行きました。
ほんまこの子は楽しそうに絵を描きます。
6人のペインターがでっかいパンダにそれぞれ描いてたんですが、見る限りお客さんの視線を一番集めてたのはCHIAKIでした。
さすが。

最後は神戸。
昨日新開地音楽祭で出会ったかじわらたかこさんから、彼女が組んでるアートユニットSoft Bitter(Soft Bitterの事は元町のギャラリー黄金舎でやってた展示を偶然見て覚えてました)が、三ノ宮のはるひで作品展やってるとDMいただいたので。
行ったときには女の子のアコースティックライブ中でした。
っていうか、昨日三ノ宮の西口で弾き語りしてた子!!(素通りしたけど・・・)
ライブ終了後に聞いてみるとやっぱりそうで、かじわらさんの相方ひらかわあかねさんでした。
人生ってほんま不思議っすね・・・。

こゆか+駒井和彬=にこんぶ


昨日は神戸の湊川公園で開かれていた新開地音楽祭に友達のこゆかさんと出展してきました。
大遅刻の末到着すると、音楽あり、アートあり、屋台ありの会場はすでにめっちゃ賑わってました。
伊東さんも遊びに来てました。
僕ら「にこんぶ」は、それぞれの作品展示とポストカード販売をしてたんですが、こういうイベントならではの色んな方々が足を止めてくださいました。
それにしてもこゆかさんのポストカードよう売れてましたね。
一方で僕のんは14枚売れたんですが、そのうち7枚はとある一人のお客さんが買って行きはりました。
そんなこんなで色んな人と知り合いになれて良かったです。
またどこかで会える日が楽しみです。

ほんまこゆかさん、すんませんでした・・・。

個展終了しました。



大変遅くなりましたが、見に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。
反省と頂いた感想とを今後の活動にいかして行こうと思います。

結局どなたが下さったのかわからなかった花・・・。