2010年9月29日水曜日

秋男くんと秋子ちゃん その3



「秋男くんと秋子ちゃん」DM用の絵ができました。
なぜか色が悪いので、コピーされる方はHPのやつをお願いします・・・。
参加者がありがたいことに14名となり、メンバーもとてもええ感じです。
ところで皆さんお忙しく、同時期に個展をやられてる方もいはります。
なので、そのお知らせ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
こゆかさん個展 「かえる屋、走る」


会期:10/1(金)〜10/15(金)
時間:12:30〜20:00(最終日19:00まで)
会場:トンカ書店(神戸市中央区下山手通3−3−12 元町福穂ビル2D)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
朝野恵子さん個展 「栄光のかもめ」


会期:10/16(土)〜10/28(木) ※火・金休み
時間:12:00〜20:00
会場:co-fuque cafe(神戸市中央区海岸通4−3−17清和ビル2F)
---------------------------------------------------------------------------------------------------

2010年9月24日金曜日

秋男くんと秋子ちゃん その2


参加を希望してくださった方が10名となりました。
みなさんとても素敵な絵を描きはる方々で、現在HPにて紹介中です。

ところで今回のグループ展は突然決まったものなので、自分が今大阪でグループ展をやる意味について結構考えました。
終わった時の「結局あれは一体何やったんやろうか・・・。」という気持ち、ズルズルついて回るあのぽっかり感だけは味わいたくないので。
個展にしろグループ展にしろ、時間とお金を費やす以上はそれなりのリターンが欲しいもので、それは作品などを売って手にするお金なのか、今後の活動に繋がる誰かしらとの出会いなのか、作家としてのパワーアップなのか、まあ色々あるわけなんですが、遊びではなく本気(といっても遊びです)でやる以上はそういう何かしらが積み重なっていく感覚がないと意味ないと思ってます。
そしてその積み重ねが作家性に繋がってて、何より人生においてとても大切なんだという事に気づいた今日この頃。
いずれにしても、結局は自分次第、求めるものに向かってがむしゃらに動きまわるのみです。
長々と書いてしまいましたが、要するにグループ展がむちゃ楽しみで、より良いものにするために頑張ります。
あと5名、興味ある方はぜひ〜。

HP更新しました。

2010年9月23日木曜日

秋男くんと秋子ちゃん


現在参加者募集中!

以前お知らせいたしましたグループ展の詳細情報が決まりました。

ちなみにDM作成の関係で、募集期間は30日(木)までとさせて下さい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

タイトル:秋男くんと秋子ちゃん

日 程 :2010.10.27(水) → 11.07(日)

会 場 :時色ギャラリー(大阪市北区天神橋1丁目1番地13号小西ビル201)

参加費 :¥6,000

参加人数:最大15名まで

作品規定:A4まで、テーマなし、表現自由(点数は参加人数が決定してから決める予定です)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

今のところ5名の方が参加希望して下さってます。

参加希望される方は、メール(komaikazu@kyi.biglobe.ne.jpなどでお知らせ下さいませ。

繋がりが生まれる機会になればと思ってますので、よろしくお願いいたします〜。


※ HP更新しました

2010年9月15日水曜日

東京へ行きました


先日東京へ売り込みに行ってきました。
ここ数ヶ月は、ひと月に10社ほど売り込みの電話をかけてるんですが、ほとんどがファイルを郵送して済んでます。
バイトの都合でまとまった休みが取れないので、積極的に直接会って見て下さいと言い出しにくいせいもあるんですが、それでも会ってもらえるところが1社でもあれば行こうと思ってます。
ついでに展示も見れるし、友達にも会えるしで、まあたまの旅行って感じですかね。
で、今回は早川書房に行きました。
僕はありふれた日常風景を好んで描くんですが、最近は含みのある絵を描く事が多くなって来てるので、ミステリーなんか合ってるんじゃないかと思ってまして、早川の方もその辺を面白がってくれたように思います。
村上春樹や阿部公房に合いそうだとも言ってもらえました。
村上春樹、最近ちょくちょく言われます。
大ファンなのでもちろん嬉しいですが、後追いしてるような気がしてちょっと複雑・・・。

そんなこんなな東京営業は、月曜日に行ったおかげで美術館もギャラリーも休み、友達もほとんど都合合わず、結局ほぼ喫茶店に籠って仕事してました(笑)。
まあでも今回は訪ねる会社を間違わなかったし、帰りのバスにも乗り遅れなかったし、荷物をバスに忘れなかったし、とにかく自分の成長を感じたので十分満足です。

HPを新しく作りました。

やっとこさ、といってもまだ完璧じゃないですが・・・。


実はグループ展を10月末頃にやるのですが、参加して下さる方を現在募集してます。
そのことについても書いてますので、見ていただけると嬉しいです。

2010年9月12日日曜日

文學界10月号



文學界10月号のカットイラストを担当させていただきました。
前号同様、目次ページ見開きのカラー1枚と中面にモノクロ7枚載っております。
家族や友人から「前よりもいい」と言われましたが、前号から特に何か変えたわけではないのでそういう反応に驚いてます。
大きい本屋などに寄られた際には立ち読みしてみて下さい〜。

2010年9月4日土曜日

Summer snow


とある筋から教えていただいたむちゃローカルなお仕事情報なんですが、神戸市消防局がイラストレーターを募集されてるようです。
仕事内容は、神戸市消防局監修の月刊情報誌「雪」において、2011年度1年間の表紙画を担当するというもの。
興味をもたれた方は、画像をクリックして詳細確認してみて下さい〜。