2011年10月27日木曜日

猫百展終了しました。


猫百展の最終日に在廊して来ました。
一週間だけの展示でしたが、週末には100人以上のお客さんが来場されたようで、猫の威力はまったくすごいもんです。
自分の作品自体は迷いまくりの仕上がりでしたが、繋がりも増えた上にZINEも売れたので、まあ良し、って事にしときます。

ところでこの1年は、行く先々で僕の作品を見た事があると言ってもらえる事が多くて、イラストレーション誌ザ・チョイスの猫並の影響力に驚いています。
今回参加されてたオカタオカさんにもそのように言われたのですが、僕も彼の事をどこかで見かけた事があるような・・・、どうやらTOKYO BOOK FAIR 2011に参加されてたようでした。
そんなオカタオカ氏は現在、「きょうと小冊子セッション」というガケ書房恵文社一乗寺店の共同企画に出品中と伺ったので、様子を見に行こうと思っています。
BOOK FAIRによるディレクションのうちの1組!
・・・羨ましいです。

ZINE話のついでに・・・、11月13日に大阪城公園でZINEピクニックがあるようです。
ZINEの交換会ですが、参加費無料、手ぶらオッケー、あったかいスープやホットなワインも(?)、気軽な交流会みたいなので参加しようと思ってます。
興味のある方はぜひぜひ。

パーティー話のついでに・・・、11月7日からペーパーボイス大阪にて始まる、紙をテーマした展示のオープニングパーティーがあります。
7組のデザイーナーがポスターやパッケージなどを通して様々な紙の魅力を伝える、という展示内容で、参加されているG_graphicsさんのお手伝いをさせていただきました。
当日はデザイナーや作家の方々がいらっしゃると思うので楽しみです。
お時間ある方はぜひぜひ。

ついでのついでに・・・、先日のアートストリームでご一緒だった友広剛さんから小耳に挟んだまま忘れかけていたアートイベントにたまたま行き当たりました。
SPIRAL INDEPENDENT CREATORS FESTIVAL、東京・青山の複合文化施設が企画運営する公募展形式のアートフェスティバルだそうで、アートストリームの東京版って感じでしょうか。
がっつりアートでレベルも高そうな印象ですが、来年5月の開催に向けてちょうど応募が始まるところみたいです。
GEISAIやデザフェスは知ってましたが、このイベントは迂闊にも知らなかったので、ただいま調査中です。
エナジー満点の方はぜひぜひ。

2011年10月20日木曜日

猫がわんさか


先日、作品搬入&個展の打ち合わせのために東京に行きました。
実は昨日から、吉祥寺にて深浦亜希さん&こりなさん主催の猫百展が始まってます。
総勢20名の描いた計100匹の猫が戯れています。

会 期:10月19日(水)〜24日(月)
時 間:12時〜19時(最終日17時まで)
会 場:ギャラリー re:tail(東京都武蔵野市吉祥寺本町3−12−9 潤マンション103
詳 細:こちらをどうぞ。

吉祥寺は初めてでしたが、どうやら若者が住みたい街No.1だそうです。
僕は特定の街に対する憧れが薄いのでそういう感覚はあんまりわからないんですが、途中で見た公園がとても印象的でした。

搬入後、帰りのバスまで時間があったので、銀座で始まった野田凪展を見てきました。
恥ずかしながら名前ぐらいしか知らなかったのですが、あのCMやそのPV、このジャケットを手がけた人やったのかと、今さらながら認識しました。
無邪気さ、怖さ、エロさ、グロさ、女性や少女ならではの感覚が広告の枠を超えて感じられて、広告なのに1つ1つが見ていてとてもワクワクする作品で、アーティストとは、作品とはこういうものを言うんだと見せつけられた気がします。

HPを更新しました。

一心不乱な女の子


少し前になりますが、ART STREAM 2011が終了しました。
最終日前日と最終日には1日中会場にいたのですが、出展者やお客さんとイベントならではの出会いがあってなかなか楽しめました。
ちなみに上の画像は、女の子が一心不乱にノートに書いてくれた解読やや難の感想です。
自分の作品がまさか少女の目に留まるとは・・・、末恐ろしい子供・・・。
細かい内容はともかく、こんな風に、自分の作品に触れる事で何かを刺激された誰かが居たというのは、むちゃくちゃ嬉しいです。
ご覧下さった皆様、ありがとうございました。

出展作家の作風は結構様々で、選考を経ている割には幅広い印象でしたが、肝心のAWARDに関してはいわゆるイラスト的な表現・見せ方を取っているものよりも、いわゆるアート的なものを重視したという印象でした(審査員の面子を見ればまあ当たり前なんでしょうが・・・)。
ってことで、こじんまりした展示に終わった僕とは無縁の結果だったわけなので、自分はこのイベントを通してイラストの仕事に繋げたかったのか、純粋に表現を展開したかったのか、その辺の意識がそもそも中途半端だった事をいまさら反省しています。

一方で、ケント・マエダヴィッチが何と何と奨励賞受賞でした。
いや〜、すごい・・・。
そして羨ましい・・・。
祝福と羨望の気持ちを込めた言葉を、帰りの道中ヴィチ男に対してずっと贈り続けてました。

2011年10月6日木曜日

ARTSTREAM2011


余裕なさ過ぎて誰にもお知らせ出来ていませんでしたが、アートストリーム2011が今日から始まります。

会 期:10月6日(木)〜10日(月)
時 間:10時から20時まで(最終日17時まで)
会 場:大丸心斎橋店北館14階
入場料:無 料

9日と10日は参加者全員在場との事なので、僕も終日おります。
お近くに来られる事ありましたらぜひぜひ。
ちなみに、写真は先月行われた出展者説明会での会場視察の様子です。