2012年12月13日木曜日

吹奏楽の星


吹奏楽の星朝日新聞出版 にてカットイラストを描かせていただきました。
吹奏楽界の甲子園ともいえる全日本吹奏楽コンクールが60回を迎えたのを記念して出版されたMOOKです。
イラストの方は、「バッテリー」でご存知の方も多いあさのあつこさんのインタビューページにて贅沢に使っていただいてます。

HP更新しました

2012年12月11日火曜日

ダ・ヴィンチ 2013年1月号


ダ・ヴィンチ(2013年1月号)/メディアファクトリーにてカットイラストを描かせていただきました。
本をテーマにしたシリーズで、小手鞠るいさんの短編小説です。
BOOK OF THE YEAR 2012 がテーマの今月号は、本屋で目にしたことのある書籍がざぁと紹介してあって読み応え有りそうです。
普段は表紙だけを確認するばかりで滅多に読まない小説なんかも、いろいろと読みあさりたいと思いつつ、最近は無駄に経営とかマーケティングの本ばかり読んでますが・・・。

HP更新しました。

「5冊の装画展」終了しました


企画展終了しました。
搬入日には遅刻した上ギャラリーにはちょっとしか行けませんでしたが、参加者の皆さん本当に素敵な方々で、展示作品との向き合い方とか仕事の話とか、イラストレーターとしての姿勢みたいなものをあらためて見つめ直せた気がします。

今年はとにかくいっぱい展示に参加しましたが、あるようなないような手応えに対する戸惑いが正直言って毎回残ります。
もっと活動のモチベーションを高める形にしないと、どんどん消極的になって行きそうです。
そういうのもあって初めて絵を販売しましたが・・・、全く売れないもんですね・・・。
ん〜・・・、売れる絵と売れない絵の差は一体何がどうなのか、展示って一体どうなったら成功なのか、謎は深まるばかりです・・・。

ところで先日、お世話になってるマルプデザインの星野さんの送別会がありました。
星野さんには昨年参加したgallery DAZZLEでのワークショップ&作品展で担当していただいて、そのおかげで色々と活動が広がったわけですが、常にフレッシュでエネルギッシュな星野さんを囲むイラストレーターさんや編集さんが沢山集まった空間にいて、こういう風に仕事していきたいなぁと単純に思いました。
そしてカトウミナエさんの祝辞が感動的でした。

2012年12月1日土曜日

五冊の装画展

昨日からopa galleryにて、「五冊の装画展」が始まりました。
5人で選んだ5冊の小説の装画展、見ごたえのある展示になってます。
ちなみに僕は、長嶋有さんの「ジャージの二人」を選びました。
今回は、「線で描く」、「人を描く」、この2つを課題に描きまして、
初日の昨日は、HBギャラリーから流れてこられた猛者の方々にもじっくり見ていただいたんですが、結構面白がってもらえました。
12月5日までです。

<会 期>11月30日~12月5日
<時 間>11時~19時まで(※ 最終日は17時まで)
<参加者>カトウミナエ駒井和彬 / 清水沙 / 永島壮矢 / 山下以登
<会 場>opa gallery

2012年11月14日水曜日

主食を抜けば糖尿病は良くなる!


文藝春秋より出版されている単行本「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」のカバーイラストを担当させていただきました。
久しぶりの色鉛筆&食べ物だったので、難しかったです・・・。

HPを更新しました。

2012年11月13日火曜日

ART of TEA


京阪神エルマガジン社より出版されている「ART  of  TEA  〜紅茶人生をもっとアートにしたいのです〜」にて、挿絵を担当いたしました。
イラスト11点、贅沢な使い方をしていただいてます。
この本は、スリランカ最高級紅茶ブランドのムレスナティーの魅力と、ムレスナティーを日本で広めるデイヴィッド.K氏の魅力が満載の一冊です。
西宮のムレスナティーハウス、うめだの阪急百貨店などにお店があるので、年末にでもぜひ行ってみたいと思います。

世界一簡単にできる年賀状 2013


宝島社より出ております年賀状MOOK・世界一簡単にできる年賀状 2013にて、イラストを4点ご提供しております。

2012年8月18日土曜日

MEN'S NON-NO 9月号


先月に続き今月も集英社MEN'S NON-NOにてお仕事させていただきました。
p.104にモノクロで何点か載せていただいてます。
それにしてもここ最近の仕事は、振り返っても反省点ばかり・・・。

ところで、今月から来月にかけて展示が続きます。
HPに情報挙げてますので、詳しくはそちらをご覧下さい。

2012年7月15日日曜日

MEN'S NON-NO 8月号


現在発売中の集英社MEN'S NON-NO(8月号)にてカットイラストを描かせていただきました。
イラストレーションファイルを見てご依頼くださったと伺い、かなり驚きましたがむちゃ嬉しいです。
pp.204~207に載ってます(クレジットは入ってませんが・・・)。

HP更新しました。

夢食い


HBギャラリーでのグループ展が終了しました。
インパクトのある作品が並ぶので、絶対に下手はこけないという緊張感と負けられんという気合いを持って新しい感じの作品を出しました。
どう見られるのか、審査員の方々に前のが良かったとか言われるんじゃないかとハラハラしてたのですが、思った以上に反応が良かったのでとても満足しています。
オープニングでは唐仁原教久さんや和田誠さん、審査員の鈴木成一さんや日下潤一さん、藤枝リュウジさんなどなど、イラストレーションやデザイン業界を築き、支え続けているお方とお会いできたし、東京に遊びに来てたぴょろりーや安福さんなどとも久しぶりに話せて、展示は満喫できたんじゃないでしょうか(ちなみに展示の様子はこんな感じです)。
最近やっと自分の作風の落ち着きどころ・ハマりどころが少しずつ見えて来た気がします。
もう一詰め、もうひと展開です。

2012年7月5日木曜日

明日から


明日より11日(水)まで、HBギャラリーでグループ展が始まります。
初日(6日)の18時からはオープニングパーティーもございますので、お時間のある方、お近くにおいでのお方などなど、足をお運びいただけますと幸いです(なお8日(日)は出品作家の在廊日となっております)。
どうぞ宜しくお願いいたします。

2012年6月28日木曜日

HBファイルコンペvol.22 特別賞6人によるグループ展



受賞者によるグループ展が始まります。
お近くにお越しの際には宜しくお願いいたします。

期間:7月6日(金)〜11日(水)
時間:11:00 〜 19:00(最終日は17:00まで)
会場:HB Gallery(東京都渋谷区神宮前4-5-4 エノモトビル1F)

※6日は18:00からオープニングパーティーがあります。

ミステリマガジン no.678


早川書房ミステリマガジンにて、先月に続き今月もカットイラストを描かせていただきました。

HPを更新しました。


2012年4月2日月曜日

イラストレーションファイル 2012(上巻)


玄光社発刊のイラストレーション年鑑であるillustration FILE2012(上巻)に、生まれて初めて掲載して頂いています。
野球で言えばプロ野球選手名鑑、芸能界で言えばタレント名鑑・・・、にあたるかどうかは分かりませんが、憧れてきたイラストレーター達が名を連ねるこの本に自分の名前を載せていただいて、むちゃくちゃ嬉しいです。
これで少しはイラストレーターだと言えそうです。
とはいえ、上下巻合わせて943名ものイラストレーターの仕事やオリジナル作品が収録されてるので、埋もれて沈んで行かないようにしなければ、とも思います。
よければ大きめの書店で探してみて下さい〜。

ところで、4月11日から24日まで青山にあるGallery5610にて第10回TIS公募受賞作品展が始まります。
オープニングパーティー、イラストレーションクリニック、トークショーなどなどイベント満載ですので、こちらもよろしければ是非〜。

HP更新しました。

2012年3月9日金曜日

ポートフォリオレビュー

今月21日(水)の話ですが、リクルートが運営するギャラリー・Guardian Gardenにて行われるポートフォリオレビューに参加させていただける事になりました。
レビュアーが木内達朗さんと福岡奈央子さんで、どうしてもお2人に見ていただきたかったのでむちゃ嬉しいです。
「見る・聴く・話す vol.2」という見学自由のイベントの一環ですので、お近くにお越しの方は是非是非。
ちなみに16日(金)にはもう一方のイベント・アーティストプレゼンテーションが行われるそうなので、見に行けたらと思ってます。

2012年3月3日土曜日

旧グッゲンハイム邸にて

先々月に結婚いたしました兄夫婦が、その結婚披露宴を3月18日(日)に神戸市・塩屋にある旧グッゲンハイム邸にてイベントの形で執り行うそうです。
イベント開催に当たり、出展・出店にご協力していただける方(会場の彩りに一役買っていただける方)をただ今募っております。
趣旨上参加者&お客さんは兄夫婦の知人・関係者で、一般のお客さんがフラッと見に来られることはないというプライベート感のあるイベントにはなりますが、展示スペースに余裕があると伺ってますのでご興味おありの方はお気軽にご連絡くださいませ。
場の雰囲気がありますので内容をご相談の上とはなりますが、結構自由な感じだとは思います。
僕は展示(販売)側として参加するので、「現場には行けないけれど作品や品物は託したい」、そんな場合は僕が喜んで代わりにあれこれいたします(体力的な限界はありますが・・・)。
念のため・・・、展示・販売等に関する費用は一切不要だそうですので。
以下、詳細となります。

<日 時>3月18日(日)11時頃~20時頃(好きな時間に来て好きな時間にお帰りください)
<場 所>旧グッゲンハイム邸(神戸市垂水区)
<参加者>新郎新婦のこれまでお世話になった方々(50人くらい?)
<ライブ>ナメリカンパーマ、3月33日、チャッピー氏のバンド、ほか
<展 示>チャッピー(ハタオリ)、駒井和彬ほか(イラスト)、アールカフェ(未定)、井上昌子ほか(写真)、ほか
<お 店>蒼月書房(本ほか)、山根一馬(お酒)、アールカフェ(喫茶、軽食)、yugue(飲み物、ご飯)(未定)、ほか
(敬称略)

以上です。(一部異なる内容でご連絡してしまった方々、早とちってすんませんでした・・・)。
HP更新しました。

2012年2月16日木曜日

終了しました。

個展終了しました。
最終日はどさっと、ギリギリまで、色んな方々が来てくださいました(イラストレーション誌・切明編集長が来られたのにはかなり驚きました)。
ご来場くださった皆さま、本当の本当にありがとうございました。

今回の展示作品、課題はまだまだあるものの概ね好評で、以前のものより良いといってくださる方も多かったです。
1月末に見た東京都写真美術館の展示に衝撃を受けて、こりゃマズイと作品を一新したのが功を奏しました。
もしあのまま展示してたら・・・、あ~怖・・・。

この勢いで売り込みしようと思います。

2012年2月15日水曜日

最終日です

展示もついに最終日。
雨は降らないようなのでひとまず安心です。

それにしても昨日デザイナーさんから聞いた広告業界の実情がインパクトありまくりでした・・・。

2012年2月14日火曜日

第4日目

個展も残すところあと2日。
正直一昨日と昨日は客入りが寂しかったです(まあ慣れっこですが・・・)。
代わりというか、その分ギャラリーオーナーの藤波さんや先輩イラストレーターさんから業界の話などを沢山聞け、今後の動き方のアドバイスにしてます。
イラスト業界に10年・20年と関わられてる方の言葉にはやっぱり説得力がありますね~、とにかくイラストレーターという職業・役割が大きく変化している、というのが皆さんの共通認識みたいです。
業界の様子が全身で感じられて、在廊して得ることがとても多い事に初めて気づきました。

閉廊後向かった長崎訓子さんの特別授業は、作品ファイルを見た上でのアドバイスというシンプルな内容でしたが、計2時間のカウンセリングの様子をじっくり聞いてるだけで、作品の見方や視点などとても勉強になりました。
散らかってる部屋がみるみる整っていく、まさにそんな感じでした。

2012年2月11日土曜日

第2日目

今日も無事終了しました。
週末・祝日ということもあって、友達、イラストレーターさん、デザイナーさんなどなどとにかく多くの方が来てくださいまいした。
わざわざ時間を割いて足を運んでいただけるっていうのはむちゃくちゃありがたいことやと改めて感じます。
ほんとにありがとうございました。

色んな方と話すのはとても楽しい!

第1日目

初日おわりました。
出張中だった地元の友達、先輩イラストレーターの方々、お世話になった編集者さん、初日から沢山の方とお話することができました。
イラストレーションファイル編集長の片桐さんと宇野亜喜良さんにはさすがに緊張でガチガチでした・・・。
閉廊後はペーターズコンペの授賞式をのぞきにいき、受賞者の知人にも久しぶりに挨拶できました。

思った以上に反応が良いようで初日ながら腹いっぱいですが、残りの5日間作品とじっくり向き合いながら、できる限り多くの方と繋がっていけたらと思っています。

ところでtwitter始めました(昼間はできませんが・・・)。 
→ @komaikazuaki

2012年2月9日木曜日

荒 野

今日オーパギャラリーに無事搬入してきました。
駒井和彬イラスト展「荒野」、いよいよ明日から始まります。
期間中は毎日終日在廊予定なので、お近くに来られる機会がありましたらお立ち寄りいただけると幸いです。

ところで今週は、チョイス入選作品展やペーターズコンペ受賞者展、装画コンペ受賞者展などなど素敵な展示がてんこ盛りなので、いっぱい見て回れたらと思っています。
ペーターズコンペの関連イベント、長崎訓子さんのワンデースクールも楽しみです。

2012年1月24日火曜日

荒 野 〜 Tribute to INOUE ARENO 〜


東京・表参道?青山?にあるOPAギャラリーさんにて個展を開催します。
今回は仕事に繋げるための展示というはっきりした目的の上で、最近ハマっている作家・井上荒野の短編集から15編をモチーフに取り上げました。
最近の作風の強みを残しつつ弱みを補えたんじゃないか、もう一歩進んで展開できたんじゃないかという自信はあるんですが、なにせ構図の作り方から変えたので、2ヶ月前に良いと感じたものが全くそう感じられなかったりと・・・、とにかく自分の中での感触がめまぐるしく変わってます。
「作り手にとっては、賛否半々くらいがちょうど良い」とは、数年前に回顧展会場で聞いた細江英公氏の言葉ですが、それを励みにして追い込み中です。
期間中は毎日在廊予定ですので、お近くにお越しの機会がございましたらお立ち寄りいただけると幸いです。

-------------------------------------------------------------------------------------

駒井和彬イラスト展

「 荒 野 〜 Tribute to INOUE ARENO 〜 」
様々な思いを抱えた人々がその心をぶつけあうように複雑に絡み合う・・・、作家・井上荒野の短編集から選んだいくつかの物語。

period / 2月10日(金) 〜 2月15日(水)
open / 11 : 00  〜 19 : 00( 最終日は17 : 00まで )
place / OPA gallery ( 東京都渋谷区神宮前4-1-23-1F )

-------------------------------------------------------------------------------------

HPを更新しました。

2012年1月10日火曜日

第22回 HBファイルコンペ


HBギャラリーが主催しているイラストコンペ・HBファイルコンペ vol.22にて永井裕明特別賞をいただきました。
連絡を受けた年末から、驚きと戸惑いと喜びが入り交じった複雑な心地が続いてます。
twitterではもう発表されていると先日いざわ直子さんからメールをいただいて(いざわさん本当にありがとうございました!)僕も見たんですが、昨年度のチョイスコンペでご一緒だった方々が半分くらい居はってとても不思議な感じでした。
とにもかくにも、僕の人生における勝負所は今らしいです。

HP更新しました。